神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

大腸癌

切除不能大腸癌に対するトリフルリジン・チピラシル+ ベバシズマブの従来法と隔週法の実用的ランダム化第Ⅲ相試験(PRABITAS)
対象となるがん
大腸癌
使用される新薬(治験薬)
種類
臨床試験
第Ⅲ相試験
治療ライン
二次治療以降
実施方法(治験のデザイン)
切除不能大腸癌患者を対象に、後方治療としての従来法トリフルリジン・チピラシル(FTD/TPI)+ベバシズマブ(BEV)と比較した隔週法FTD/TPI+BEVの有効性と安全性を検証すること。
UMIN登録番号
jRCTs041230120
研究代表者
愛知県がんセンター
谷口 浩也
施設代表者
聖マリアンナ医科大学
助教 武田 弘幸
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
1) 病理組織学的診断により大腸原発の腺癌と診断されている。
2) 治癒切除不能な StageⅣあるいは再発大腸癌と診断されている。
3) 同意取得日の年齢が 18 歳以上である。
4) ECOG PS が 0-2 である。
5) 腫瘍組織の RAS 遺伝子型が判明している。
6) フッ化ピリミジン、オキサリプラチン、イリノテカン、血管新生阻害薬、抗 EGFR 抗体薬(RAS 野生型 のみ)の全てに投与歴がある。
7) FTD/TPI の投与歴がない。
8) 担当医により、安全にプロトコール治療が可能と判断されている。
9) 患者本人から、試験参加について文書による同意が得られている

PAGE TOP