神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

大腸癌

切除不能進行・再発大腸がん初回化学療法例に対するFOLFOXIRI+ramucirumab療法の第Ⅰb相試験
対象となるがん
大腸癌
使用される新薬(治験薬)
5FU、LV、CPT-11、L-OHP、ラムシルマブ
種類
臨床試験
第Ⅰ相試験
治療ライン
初回治療
実施方法(治験のデザイン)
FOLFOXIRI+Rmabの安全性を評価し、推奨投与量を決定する
UMIN登録番号
研究代表者
静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 山崎健太郎
施設代表者
津田 享志
進行状況
登録終了
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
  • 組織診または細胞診で診断された結腸または直腸の腺癌
  • 切除不能と診断されている
  • 年齢20-75歳
  • PS(ECOG):0-1
  • 化学療法の既往がない
  • 臓器機能が保たれている
  • UGT1A1遺伝子が野生型もしくは*28、*6の遺伝子多形のシングルヘテロ型(*1/*28、*1/*6)

PAGE TOP