神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

胃癌

切除不能進行・再発胃がんに対するナブパクリタキセルとラムシルマブ併用療法の隔週投与法における有効性と安全性を検討する第Ⅱ相試験(JACCRO GC-09)
対象となるがん
胃癌
使用される新薬(治験薬)
種類
臨床試験
第Ⅱ相試験
治療ライン
二次治療
実施方法(治験のデザイン)
切除不能進行・再発胃癌に対するnab-PTXの1コース目有害事象の出現程度を指標としたbiweekly nab-PTX+RAM投与法の切り替えにおける安全性と有効性を評価する
UMIN登録番号
jRCTs031180061
研究代表者
聖マリアンナ医科大学病院
腫瘍内科(臨床腫瘍学講座)
施設代表者
伊澤 直樹
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
(1)ECOG performance status(PS)が0~1の症例
(2)同意取得時の年齢が20歳以上の症例
(3)評価可能病変を有する症例(RECIST Ver.1.1に基づく測定可能病変の有無は問わない)
(4)病理組織学的検査で胃腺癌または食道胃接合部腺癌であることが確認された症例
(5)治癒切除不能な症例
(6)フッ化ピリミジン系薬剤を含む1次治療に不応・不耐となった症例。あるいは、フッ化ピリミジン系薬剤を含む術後補助化学療法中または術後補助化学療法の再発が確認された症例
(7)主要臓器(骨髄,心,肺,肝,腎など)に高度な障害がない
(8)患者本人から文書による同意が得られている症例

PAGE TOP