神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

胃癌

切除不能進行性胃癌症例におけるニボルマブのバイオマーカー探索を含めた観察研究(DELIVER試験): JACCRO GC-08
対象となるがん
胃癌
使用される新薬(治験薬)
種類
観察研究
治療ライン
問わない
実施方法(治験のデザイン)
切除不能進行性胃癌でニボルマブ治療を行う症例を対象に、本邦の実地医療環境下での有効性および安全性を評価する。
さらに、治療の前後で宿主側因子(腸内細菌種・ゲノム情報、遺伝子多型、遺伝子発現、メタボローム)を測定し、ニボルマブの効果予測因子/毒性予測因子となるものを探索・検証する。
UMIN登録番号
UMIN000030850
研究代表者
聖マリアンナ医科大学 臨床腫瘍学
砂川 優
施設代表者
聖マリアンナ医科大学 臨床腫瘍学
砂川 優
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
  • 組織学的に腺癌であることが確認された、切除不能な進行または再発胃癌(食道胃接合部癌を含む)の症例
  • ニボルマブ単剤療法による治療を行う症例(ラインは問わない)
  • ECOG Performance Statusが0~2である症例
  • 同意取得時の年齢が20歳以上である症例
  • ニボルマブ単剤療法開始前およびニボルマブ単剤療法不応/不耐時に、便の提供および採血の実施が可能と予測される症例
  • 本研究内容について十分な説明を受け、本人の文書による同意が得られている症例

PAGE TOP