神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

肝・胆・膵癌

Borderline Resectable膵癌を対象とした術前ゲムシタビン+ナブパクリタキセル療法と術前S-1併用放射線療法のランダム化比較試験(GABARNANCE Trial)
対象となるがん
切除可能境界膵癌
使用される新薬(治験薬)
なし
種類
臨床試験
第Ⅱ相試験, 第Ⅲ相試験
治療ライン
術前補助療法
実施方法(治験のデザイン)
Borderline resectable膵癌(以下BR膵癌)に対する2つのみなし標準治療である術前補助治療としてのゲムシタビン+ナブパクリタキセル併用療法(以下GEM+nab-PTX療法)とS-1併用放射線療法の有効性と安全性を第II/III相ランダム化比較試験により検証する。
UMIN登録番号
000026858
研究代表者
池田 公史
国立がん研究センター東病院
施設代表者
中島 貴子
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
  • BR膵癌である
  • 登録時の年齢が20歳以上79歳以下である
  • Performance Status(ECOG)が0、1のいずれかである
  • 腹部に放射線治療歴がない
  • 3年以内の化学療法の治療歴がない
  • 膵癌に対する治療歴がない
  • 経口摂取が可能である
  • 試験参加について患者本人から文書で同意が得られる

PAGE TOP