神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

神経内分泌腫瘍

JCOG1213: 消化管・肝胆膵原発の切除不能・再発神経内分泌癌(NEC)を対象としたエトポシド/シスプラチン(EP)療法とイリノテカン/シスプラチン(IP)療法のランダム化比較試験 (TOPIC-NEC)
対象となるがん
消化管・肝胆膵原発の切除不能・再発神経内分泌癌(NEC)
使用される新薬(治験薬)
種類
臨床試験
第Ⅲ相試験
治療ライン
初回治療
実施方法(治験のデザイン)
消化管・肝胆膵原発の切除不能・再発神経内分泌癌(WHO2010年分類 NEC)に対するみなし標準治療である、エトポシド/シスプラチン併用療法(EP療法)およびイリノテカン/シスプラチン併用療法(IP療法)のどちらがより優れた治療法であるかをランダム化比較第III相試験で検証する。
UMIN登録番号
jRCTs031180005
研究代表者
国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院
奥坂 拓志
施設代表者
聖マリアンナ医科大学
水上 拓郎
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
  • 組織学的診断で神経内分泌癌(NEC)
  • 原発臓器が食道、胃、十二指腸、小腸、虫垂、結腸、直腸、胆嚢、肝外胆管(肝門部、遠位)、Vater膨大部、膵臓、肝臓のいずれかである。
  • 切除不能例または再発例
  • NECに対する全身化学療法歴、放射線療法歴がない。
  • プラチナ系抗悪性腫瘍薬の使用歴がない。
  • 登録日の年齢が20歳以上75歳以下である。
  • Performance status(PS)はECOG0または1。
  • 測定可能病変の有無は問わない。
  • 主要な臓器機能が保持されている。
  • 試験参加について患者本人より文書で同意が得られている。

PAGE TOP