神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

大腸癌

RAS変異大腸癌患者における循環腫瘍(circulating tumor:ct)DNA中のRAS遺伝子の評価
対象となるがん
大腸癌
使用される新薬(治験薬)
種類
観察研究
治療ライン
二次治療以降
実施方法(治験のデザイン)
RAS遺伝子変異型の切除不能進行再発大腸癌の患者において、薬物療法後の循環腫瘍(circulating tumor : ct)DNA中のRAS遺伝子変異割合を評価する。
UMIN登録番号
UMIN000038575
研究代表者
聖マリアンナ医科大学
砂川 優
施設代表者
聖マリアンナ医科大学
伊澤 直樹
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
  • 病理組織学的に腺癌と診断された切除不能進行再発結腸/直腸癌である。
  • RAS変異型の大腸癌である。
  • フッ化ピリミジン系薬剤、血管新生阻害薬、イリノテカンまたはオキサリプラチンに不応または不耐である。

PAGE TOP