神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

胃癌

T3/T4もしくはリンパ節転移を有する食道胃接合部腺癌に対する術前S-1+Oxaliplatin併用療法の第Ⅱ相臨床試験
対象となるがん
食道胃接合部腺癌
使用される新薬(治験薬)
S-1、L-OHP
種類
臨床試験
第Ⅱ相試験
治療ライン
術前補助療法
実施方法(治験のデザイン)
UMIN登録番号
研究代表者
公益財団法人がん研究会有明病院 食道外科 渡邊 雅之
施設代表者
小倉 孝氏
民上 真也
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
  • 食道原発巣の内視鏡生検にて、組織学的に腺癌であることが確認されている
  • Siewert分類でtypeⅠまたはTypeⅡ。TypeⅡの場合は食道浸潤長30mm以上の症例が該当する。Siewert typeⅢは除外する
  • T3/T4aもしくはT因子にかかわらずリンパ節転移陽性と診断されている
  • 開胸手術(もしくは胸腔鏡下手術)および開腹手術(もしくは腹腔鏡下手術)による根治切除(R0)が可能な食道胃接合部癌である
  • 他のがん種に対する治療も含めて化学療法・放射線療法・内分泌療法の既往がない
  • 年齢:20歳以上、PS(ECOG):0-1
  • 主要臓器機能が保たれている
  • 患者本人からの同意が得られている

PAGE TOP