神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

進行中の臨床試験

胃癌

WJOG10617G フッ化ピリミジン系薬剤を含む一次治療に不応・不耐となった腹膜播種を有する切除不能の進行・再発胃/食道胃接合部腺癌に対するweekly PTX+ramucirumab療法とweekly nab-PTX+ramucirumab療法のランダム化第II相試験(P-SELECT試験)
対象となるがん
胃癌 
使用される新薬(治験薬)
種類
臨床試験
第Ⅱ相試験
治療ライン
二次治療
実施方法(治験のデザイン)
腹膜播種を有する、フッ化ピリミジン系薬剤を含む一次治療に不応・不耐の切除不能の進行あるいは再発の胃・食道胃接合部腺癌における、weekly nab-paclitaxel (nab-PTX) + ramucirumab(RAM)療法の有効性と安全性を、weekly paclitaxel(PTX)+ RAM療法を対照群として探索的に検討し評価する。
UMIN登録番号
jRCTs031180022
研究代表者
慶應義塾大学病院 
施設代表者
平田 賢郎
進行状況
登録中
臨床試験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)
  • 同意取得時の年齢が20歳以上である。
  • 患者本人より文書で同意が得られている。
  • 組織学的に胃または食道胃接合部原発の腺癌と診断されている。
  • 切除不能の進行または再発の胃/食道胃接合部癌である。
  • 腹膜播種の所見を有する。(規準あり)
  • 評価可能病変を有する(測定可能病変の有無は問わない)。
  • ECOG performance status (PS):0, 1, 2

PAGE TOP