神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科

お知らせ

臨床研究に関する情報公開について(オプトアウト)

2020.01.21

研究目的でなく通常の診療で得られたデータ等の情報や試料を用いる臨床研究については、国が定めた倫理指針に基づき、対象となる患者さんから直接同意を受けない場合があります。この場合は、あらかじめ研究内容の詳細を情報公開し、患者さんが拒否できる機会を設けています。このような手法を「オプトアウト」といいます。 以下に 当院で実施されているオプトアウトを用いた研究を記載しております。 研究のためにご自身のデータや検体が使用されることを望まない方は、各研究の担当者までお知らせください。



JACCRO GC-08における血漿検体を用いた可溶性免疫因子のバイオマーカー研究(JACCRO GC-08AR)

前治療歴を有するvulnerable大腸がんに対するトリフルリジン・チピラシル塩酸塩(FTD/TPI)+ベバシズマブ(BEV)の有効性と安全性を探索する後方視的観察研究(WJOG14520G)

切除不能消化器・原発不明NET G3に対する薬物療法の治療成績に関する多施設共同後ろ向き観察研究

WJOG13420G プラチナ製剤不応・不耐の消化管原発神経内分泌癌に対するラムシルマブ併用療法の多施設共同後ろ向き観察研究

日本人進行・再発食道癌患者を対象とした、ニボルマブ治療中止後のタキサン系薬剤治療の有効性、安全性に関する後ろ向き観察研究(AFTER NIVOESO study)

虫垂粘液腫におけるGNAS遺伝子変異の意義および治療可能性の探索

結腸および直腸癌における原発部位別遺伝子プロファイル解析

「StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのTS-1+Docetaxel併用療法とTS-1単独療法のランダム化比較第Ⅲ相試験(JACCRO GC-07(START-2))」におけるバイオマーカー研究

Oxaliplatin, bevacizumab(BV)を含む初回化学療法不応のKRAS野性型進行・再発結腸・直腸癌に対するFOLFIRI+Panitumumab(Pmab)併用療法 vs FOLFIRI+BV併用療法のランダム化第Ⅱ相試験(WJOG6210G)における各群での治療効果(早期腫瘍縮小、depth of response、最良総合効果)と生存期間の関連の後方視的検討

ベバシズマブを含む一次化学療法で早期の増悪をきたした切除不能・再発大腸癌に対する二次治療でのベバシズマブ継続投与の後方視的検討

切除不能または再発大腸癌におけるレゴラフェニブの腫瘍内血管透過性変化に関するバイオマーカー研究

GI-SCREEN CRC不随 HER2スクリーニング

消化器・腹部悪性腫瘍患者を含む固形悪性腫瘍を対象としたリキッドバイオプシーに関する研究(GOZILA Study)

SCRUM-Japan疾患レジストリを活用した新薬承認審査時の治験対照群データ作成のための前向き多施設共同研究(SCRUM-Japan Registry)

SCRUM-Japan GI-screen 2013-01-CRC研究(SCRUM-Japan CRC)

S-1術後補助療法中または終了後6ヵ月以内の再発膵癌に対するFOLFIRINOX療法またはgemcitabine+nab-paclitaxel療法の多施設共同後ろ向き観察研究

RAS変異大腸癌患者における循環腫瘍(circulating tumor:ct)DNA中のRAS遺伝子の評価

SCRUM-Japan 疾患レジストリを活用した新薬承認審査時の治験対照群データ作成のための 前向き多施設共同研究(SCRUM-Japan Registry)

Hybrid試験の予後追跡調査および大腸がんに対する抗EGFR抗体薬の効果予測バイオマーカーの探索を行う観察研究

PAGE TOP